BLOG

ゴチャゴチャ VS シンプル

通常この写真の様にドアと天井との間に40〜50センチほどの垂れ壁がつくられます。

弊社では、この垂れ壁が出来ないように室内のドアの高さを天井の高さと同じサイズに合わせています。

ドアと天井との間に垂れ壁をつくった場合、まず天井付近が薄暗くなってしまいます。また、垂れ壁が視線を遮断してしまうので、仕切られた感が出てしまい、その結果、なんとなく部屋が狭いような気がしてしまうし、なぜか天井も低く感じてしまうようになるからです。

こんにちは(^^)/
EDIFITです。

この工夫は、明るく開放感溢れる空間を演出してくれるだけじゃなく、ドアの枠がなくなることから、ドア枠の上に溜まったホコリをいちいち掃除しなくて済むというメリットも同時にもたらしてくれますし、開放感を演出するために、余分なコストをかけてまで天井を高くしなくても済むというメリットも同時にもたらしてくれます。

また、開放感溢れる空間を演出するために、壁面に余分な造作をしないようにもしています。なにかを飾るために、わざわざ壁をくり抜いてつくるニッチ(飾り棚)や、あるいは壁から突出して設置する棚板などですね。

こういった余分な造作をしないことで、コストカットはもちろんのこと、凸凹がなくなり直線的に空間が見えるようになるので、よりスッキリ感のあるシンプルな空間が出来上がります。

さらに、壁の直線を乱さないため当たり前のように窓に取り付けられている窓枠も、基本的に付けないようにしています。これもスッキリ感を出すためには、欠かせない要素でもあるわけですが、ドア枠同様に、枠の上に溜まるホコリがなくなるわけなので、掃除の手間をカット出来るというメリットもあります。

そして、これは難しいことなので、出来ない住宅会社が圧倒的に多いと思いますが、よりスッキリ感を出すために、弊社ではカーテンをつけなくていいプランをご提案させていただくようにしています。

それこそ、カーテンをつければ、大きな物体が飛び出てくようになるので、それだけで一気にゴチャゴチャするようになってしまうし、カラーコーディネイトも複雑になってしまいますからね。

ここでご紹介させていただいた工夫はごく一部のことですが、このように無駄なコストをかけることなく、いや逆にコストを削りつつ、ちょっとした工夫を凝らすだけで、家が見違えるように美しくなるし、開放感溢れる空間づくりが出来るようになります。

余分なコストをかけてまで、どんどんプラスしてゴチャゴチャさせることで、家を装飾していくスタイルと、無駄なコストは出来るだけカットし、余分なモノは全てマイナスすることで、洗練されたスッキリシンプルな空間をつくるスタイル。

さて、あなたはどちらを望まれますか?

カテゴリー:
ブログ