BLOG

無理にローンを上げるべきではない理由

無理にローンを上げるべきではない理由

家を建てる誰もが、
たくさんのご要望をお持ちだと思います。
家はただ単に要望から出来上がるものではなく、
環境(敷地条件)に合わせてつくるものだし、
また、予算を守りながら建てることが、
何より大切なことです。

こんにちは。
EDIFITです。

それゆえ、弊社では、
必ず予算を決めてから家づくりを
スタートしていただくようにしております。

あなたはご自身の予算について
どのようにお考えでしょうか?

✔家賃プラス2〜3万円が当たり前ってホント?

6~7万円前後の家賃が多い小山市では、
今の家賃に2〜3万円プラスした
10万円ぐらいの返済金額で
家づくりをしている方が多いとか、
それぐらいの返済金額で
家づくりをするのが当たり前だと
住宅会社から言われました、
という話をよくお聞きします。

多くのご家庭が共働きであることから、
もちろん、その返済金額は
今はそれほど無理がないかもしれません。

しかし、家づくりをする上で、
理解しておかないといけないことは、
収入が約束されたわけじゃないのに、
長期間、返済だけは約束されてしまうこと、
そして背負う借金が多額であるいうこと、です。

また、社会保険や物価は問答無用で
上がっていっているにもかかわらず
これからは老後資金も今のうちから
コツコツと準備していかないといけないため、
自由に使える可処分所得がどんどん減っていきます。

それゆえ、お金に困ることなく、
ずっと豊かに暮らし続けていただくためにも、
今の状況だけじゃなく老後のことまで考えた上で、
家づくりの予算設定を行っているというわけです。

✔家づくりの負担を上げるべきではない!

もし、あなたの家賃が7万円だとしたら、
あなたは7万円の範囲内で
住宅ローンの返済額を設定すべきです。
そして、その返済設定から逆算して出た予算内で、
家づくりを行うようにすべきです。

そして、家に回そうとしていたお金を
全て将来のことを見据えて
貯蓄していくようにすべきです。

ということで、家づくりをする時は、
今のことだけを考えるのではなく、
将来のことも同時に考えた上で、
予算設定をしていただき、
その予算内で将来のことまで考えた
家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

カテゴリー:
ブログ