BLOG

ウッドデッキを、飾りにしないために

多くの方が、30万円〜40万円もの費用をかけてウッドデッキをつくるわけですが、想像していた通りにウッドデッキが使われている住まいは、果たしてどれぐらいあるのでしょうか?

ほとんど、というよりも全く使われておらずただの飾りになってしまっている住まいを
数多くみかけます。

こんにちは、EDIFITです。

その理由は、周囲からの視線が気になる事。
皆様が南に日当たりのいいリビングをつくり、その向こうにウッドデッキをつくりたい。
高いお金を出してつくったウッドデッキをしっかりと使いたいとお考えである場合
次の2つのコトに留意する必要があります。

『土地を広めに購入する』

50坪前後の敷地ではほぼ 道路沿いになって確実に丸見え状態になってしまうため、
広く土地を購入する必要があります。つまり、ゆとりある庭をつくることが出来るぐらいの土地が必要になるということなので、おそらく最低70坪ぐらいの土地を購入する方がいいでしょう。

そうすれば、ウッドデッキがただの飾りになってしまうような事態は高い確率で避けられるのではないかと思います。しかしながら、そうしますと、土地購入コストが跳ね上がることになり、それも見越した資金計画と場所選びが必要不可欠になってきます。

『庭の予算も多めにとる』

敷地が広くなれば、それに連動して、単純に庭の工事費用もアップします。また、それだけじゃなく、周囲からの目線をそらしたり遮断するために、植栽や塀などに工夫を凝らしていかないといけませんし、そうなれば庭の工事費用がグンとアップします。

ウッドデッキを有効に使えるようにするためにも、庭の工事予算を、購入しようと考えている土地の『坪数×2万円』(ウッドデッキも庭の予算に入れるなら坪数×2.5万円)は最低限、資金計画の際に除けておく必要がありますし、そもそも、土地取得費用や庭の工事費用が高くなってしまうことを想定した上での資金計画を行なう必要があります。

この2つの項目をしっかりご理解いただき、実行していただければ、ほぼ確実にリビングの向こうにつくったウッドデッキは大活躍してくれるはずです。

しかしながら、土地や庭に費用負担がやってくるのは、正直しんどいですよね?
では、土地取得費用もアップさせず、また庭の工事費用もアップさせずふんだんに使うことができるプライバシー性抜群、風通しも良ければ日も当たる場所にこのウッドデッキを設計しているので、家の中にもたくさんの光や風を届けてくれる、そんな住まいに憧れをお持ちであるならば、一度弊社の使いやすいウッドデッキのご提案をさせていただきたいと思います。

カテゴリー:
ブログ